共有 旦那 解消

行動のほとんどに制限がかかる。

 

 

妊娠中は激しい動きができず、ストレス解消として毎月のように乗っていた絶叫系のアトラクションに乗れなかったのがまず辛かったです。旦那が心配症なので服も身体が冷えないよう露出少なめで、外出も控えめ、人混みも避けたいと、ほとんど家の中で過ごしました。私はそんなにインドア派ではないのですぐ飽きてしまいました。お酒でストレス解消したくても飲めない、お腹が大きくなったのは嬉しかったのですが、自分自身太った気がして…そこも悲しかったです。とにかく今まででは考えられないくらいネガティブになっていたと思います。感情の浮き沈みが激しくて自分に疲れていました。周りのサポートがないとたえられなかったと思います。それともう一つ、妊娠中は性欲がなくなるという方がほとんどだと思いますが、私の場合逆転してしまって…。旦那の方がお腹に気をつかっていたと思います。何も言えず、どうすることもできず、ただただ我慢したのが辛かったです。

妊婦 遊び場

 

 

今までそこまで興味のなかったアニメに走りました。旦那が好きですごくすすめられましたし、旦那の好きなものなら興味がわいたので観てみました。そしたらまんまとはまり、一緒にDVDのレンタルショップに行き、一緒に選び、帰りに飲み物と少しのお菓子を買うのが日課になっていました。旦那が仕事にいっている間は家事などで少し身体を動かして、帰ってきたら一緒にご飯を食べながら寝るまでDVDをみました。好きな事を共有できた事が一番の解決策だったかもしれません。優しくて食べる事が大好きな心配症の旦那さんといつも一緒にいれたことでほとんどの辛さを解消していました。あとは、実の母親、友達にも相談、愚痴をきいてもらいました。誰にでも話すのではなく私は相手を選びました。デリケートな時期で、そんなに心を許していないひとには全然話しませんでした。何を言われるかどう思われるのか、そんな事を考えるのも面倒臭かったので人を選んで話すというのは、私にとってはいい解決策でした。

こんな記事も読まれています